宴会マナー

宴会マナー

雰囲気を察知する

忘年会などは、その職場でそれまでにも何度も行われており、しきたりのようなものがあります。後から入社した人が勝手に騒いで、雰囲気を壊してしまうのはマナー違反になります。会社の宴会に参加したら、まずはその場の雰囲気を察知するようにしましょう。食事を楽しむタイプの宴会であれば、自分も食事をゆっくり味わい、出し物やゲームで盛り上がる宴会であれば、自分もそれに参加して一緒に楽しんでみましょう。

先輩に従う

部署のみんなで出し物をやるような宴会の場合、見ているだけでは許されません。出し物には、宴会で一体感を味わおうという意味合いもあるので、できるだけ参加するようにしましょう。みんながやるのに自分だけ参加しないのでは、他の人たちの雰囲気を壊すことにもなってしまします。どうしても苦手な人も、「これは全員参加の会社の行事。仕事だ!」と割り切って、頭数としてだけでも参加するようにしましょう。逆に、得意な宴会芸があったとしても、まずは先輩に様子を聞いて、しきたりに従うのが無難でしょう。1人だけ目立ったりすると、その場の雰囲気を壊したり、後でいやな思いをすることになるかもしれませんよ。

自分の立場を認識する

先輩ばかりの職場では、どこまで手伝えばよいのか迷うところだと思いますが、宴会にはほとんどの場合、幹事がいます。幹事に頼まれもしないのに、勝手にあれこれ手伝うのは考えものです。もし手伝うときは、幹事に「手伝うことはありますか」と、一声かけるといいでしょう。とは言っても、自分の周りの人にお箸がない、食べ物がないというような場合には、お店の人や幹事に声をかける程度の気配りは必要でしょう。
逆に、新入社員が仕切ることになっている宴会で、先輩があれこれ指図するのもよくない事です。危なっかしいところはあっても、まかせまておきましょう。相談されたら、適切なアドバイスをしてあげるといいでしょう。
自分が幹事になったときは幹事役に徹し、全体に気を配って自分が楽しむのは、その宴会後のお疲れ様会までがまんしましょう。

コミュニケーションを図る

宴会は、先輩たちとのコミュニケーションには最適の場になります。今は一緒に仕事をしていない相手でも、いずれ仕事で組むこともあるでしょう。親しくなっておくと、仕事の上で役立つときがくるはずです。話しかけられたら適度に受け答えをし、先輩にも話題を投げかけて、親睦を図るといいでしょう。自分が話すばかりではなく、相手の話を聞くことも大切ですよ。職場ではなんとなく話しづらかった先輩でも、案外きさくに話ができることも多いこともあります。

食べてから飲む

お酒には強い、と豪語する人は別ですが、できるだけ空腹で飲むのは避け、何か食べてから飲むようにしましょう。空腹のままだと、お酒は胃からすぐに腸に吸収され、酔いがまわるのが早くなってしまいます。酔いがひどいと苦しいだけではなく、回りの人たちをしらけさせることにもなってしまいます。もうひとつ、人に対してもお酒の無理強いはしないこと。個人のペースを守るのも宴会のマナーになります。

お酒のつぎ方

  1. お銚子(ビール瓶)を右手で持ち、左手を軽く添えて、お酒は盃に七・八分目くらいまで、ビールはグラスから溢れないように気をつけてお酌をします。盃(グラス)は右手で持ち、左手をそろえて、人さし指を盃(グラス)に添えて受けます。
  2. お酒の受け方  盃は、先に相手の方からいただくのが“返盃”の礼儀です。
  3. お酒を受ける時は自分の酒量をよく心得ておき、度が過ぎないように心がけましょう。
  4. 最後の料理が運ばれてきたら、お酒は切り上げ時と心得て、それ以上飲まないようにしましょう。
  5. ご飯ものが出るということは、そろそろ宴会の終わりであることを伝える合図です。
  6. お酒を飲みすぎて泥酔したり、一気飲みをしたりして他の人に迷惑をかけないようにしましょう。
  7. 出席している宴会の内容・目的をよく理解し、一部の人しか分からないような話題は避け、その場にあった会話をしましょう。特定の人とばかり話をしたり、知り合い同士がひとかたまりになったりしないように注意しましょう。たくさんの人と楽しく歓談することが大切です。

Valuable information

NAVERまとめ

http://matome.naver.jp/

最終更新日:2014/10/22


HOME宴会芸1宴会芸2宴会芸3宴会ゲーム宴会マナー宴会挨拶サイトマップ